京都の老舗種麹屋の吟醸種麹で造った甘酒 とろりあまざけ6本セット

価格: ¥7,128 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

京都の老舗種麹屋の吟醸種麹で造った甘酒「とろりあまざけ」は、京都伏見「中嶋農園」のお米を使用し、吟醸種麹で仕上げた上品な味わいの甘酒です。

原材料は米(国産)米こうじ(国産米)のみ。
ノンアルコールですのでお子様にも美味しくお召し上がりいただけます。

健康習慣にご家族でどうぞ。
6本セットでお届けいたします。

■名称 あまざけ
■原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)
■賞味期限 約2か月間
■容量:720ml×6本

●保存方法 高温・多湿を避け、常温にて保存してください。
●よく振ってお飲みください。
●開栓後は冷蔵庫にて保管し、お早めにお召し上がりください。

とろりあまざけ活用レシピ!

お手軽スムージー

フレッシュジュースと「とろりあまざけ」でクレンズもできちゃうお手軽スムージー!
作り方
  1. 冷やしておいた「とろりあまざけ」とお好きなフルーツジュースをボトルに入れてシェイク!
  2. よく混ざれば完成!

    つぶつぶ麹が気になる方は、ミキサーにかければOKですよ。
材料
とろりあまざけ300cc
お好きなフルーツジュース75cc

抹茶豆乳あまざけ

ほろ苦い抹茶の風味とあまざけの芳醇な甘さがベストマッチ!
作り方
  1. 冷やしておいたとろりあまざけと、豆乳、抹茶を全量ミキサーにかける。
  2. よく混ざれば完成!

    あったかいドリンクにしたい場合は、ミキサーにかけた(1)を小鍋にかけて、沸騰寸前まで加熱すれば完成。
材料
とろりあまざけ300cc
豆乳75cc
お抹茶小さじ 1/2

ほうれん草の甘酒ごま和え

いつものごま和えに一工夫!
甘酒が加わることで一味違った仕上がりに♪
作り方
  1. ほうれん草は、塩を入れた熱湯でゆでて、冷水にとり、3センチ幅に切り、水気をしぼっておく。
  2. すり鉢に、白ごまを入れ、すりこ木で半ずりにする。
  3. (2)にとろりあまざけ・てんさい糖・濃い口しょうゆを加え、なじませる。
  4. (3)に下ごしらえしたほうれん草と、手で砕いたローストくるみを加えてよく和える。
  5. 最後に、ごま油をほんの少々加え全体を混ぜれば完成。

    ※小松菜や、カブの葉でもおいしくできます。
    ※ごま油をほんのちょっと加えることで、全体がまとまります。菜種油でもOKです。
材料
ほうれん草1束
白ごま大さじ2
ローストくるみ少々
とろりあまざけ大さじ1と1/2
てんさい糖小さじ1/2
濃い口しょうゆ小さじ1
ごま油少々

紅芯大根の甘酒和え

さっぱりした口当たりなのにしっかりと旨みのある和え物に。
箸休めに最適です!
作り方
  1. 紅芯大根は、薄くスライスして塩少々を加えて、よくもみ込み、しばらく置いておく。
  2. 紅芯大根がしんなりしたら、水けをしぼって、ボウルでとろりあまざけ、米酢と和える。
  3. 塩で味を調えたら、完成。
材料
紅芯大根(だいんこん・かぶも可)1/4個
とろりあまざけ大さじ2
少々
米酢大さじ1/2

鶏むね肉の甘酒照り焼き

漬けこんで焼くだけで、柔らかジューシー!味の違いに驚きますよ~♪
作り方
  1. 鶏むね肉は、分厚い部分を開いておく。ジッパー袋にむね肉と、とろりあまざけ、しょうゆを入れ、よくもみ込んで、半日から一晩、冷蔵庫に入れておく。
  2. フライパンに、オリーブオイルを入れ、中火にかけて、鶏肉を皮面から焼く。
  3. ふたをして、火を弱めて、両面を焼き、中までじっくりと火を通す。
  4. 肉を取り出して、一口大にカットする。フライパンの肉汁に漬け汁を加えて煮詰めて、ソースにする。
材料
鶏むね肉1枚
とろりあまざけ50ml
しょうゆ大さじ2
オリーブオイル少々

甘酒フレンチトースト

お砂糖の代わりに「とろりあまざけ」
あまざけの効果で、固いバケットがしっとり感仕上がります。
作り方
  1. ボウルにたまごを割りほぐし、牛乳、とろりあまざけ、塩を加えて、混ぜておく。
  2. 2センチ幅にカットしたバケット(固くなっていても可)を(1)の卵液にひたして、1時間程度冷蔵庫でなじませる。
  3. フライパンに、バターを溶かして、(2)のバケットを両面じっくりと焼く。
  4. 焼きあがったら、はちみつとアーモンドスライスをトッピングすれば、完成。
材料
バケット1/2本
L1個
牛乳100cc
とろりあまざけ70cc
ひとつまみ
バター適宜
はちみつ適宜
フライスアーモンド適宜

とろりあまざけ解禁

NP後払いがご利用いただけるようになりました

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ